Return to site

レズビアンやゲイに対する革命的なDNA研究の実施

Revolutionary DNA study to be conducted on Gays and Lesbians

同性愛は我々自身の選択なのか、それともDNAによって作られたものなのか。

この話題はここ数十年お茶の間から裁判所でまで持ち上がっている。

しかしながら『ゲイ」という遺伝子は存在するのか、またそれを明確にする研究は少ない。

ここ最近で行なわれた最も大きな研究は18年前にハーバード大学の脳神経学のサイモンレバイ氏の研究である。彼の研究は、視床下部という自律機能の調節を行なう能の中枢部分のサイズが性の嗜好に関係するかという部分にまで及んだ。この研究をするにあたり、LGBTのデートマッチングサイト「Clicck.com」は、世界的DNAの研究先駆者であり、LGBTの男女のDNAパターンの収集も行なうGenepartnerと独占契約を行なった。

この研究は初めてでの研究であり、人間科学のDNAの生物学的基礎に焦点をもっと集めることになるだろう。Clicck.comのCEOであり、Cherub Media Ltd.,のCEOでもあるchristopher Brian Ovide氏は「同性愛者と異性愛者のDNA間になにか相互関係があることを願っている」と語った一方で、もしも関係性が無いとななるならば、私たちは同性愛の生物学的基盤は何なのか、より研究していかねばならないと語った。この二社は異性愛者たちのように同性愛者たちの間でもユニークなアルゴリズムが必ずあると信じている。

2009/11/6

訳:DiLorenzo,E,O

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly