Return to site

DNAが導くラブマッチング

By MEGAN K. SCOTT The Associated Press

Published: Thursday, November 19, 2009 at 4:01 a.m.

ニューヨーク ー恋がしたい?それなら綿棒を頬に当ててみましょう。

 

いくつかの遺伝子検査会社は、生物学的適合性の利点を説くDNA検査に基づいてカップルを合わせることを約束している。企業はよりよい生物学的マッチがより良いセックス、嘘の現象、より長続きする愛、そしておそらくより健康な子供を意味すると主張する。

「より健康的な子供が生まれるかもしれないとまで教えてくれるデーティングサービスはいったい他にいくつあるでしょうか?」と早くからDNAマッチングを取り入れた企業の一つであるサイエンスマッチのエリック・ホルツル氏は言う。

ホルツルは会員数を教えてくれはしなかったが、結婚相談所や仲人と提携するスイスのジーンパートナー 社の上級役員で科学者でもタマラブラウン博士によれば、これまで1000人以上をテストし、中には好奇心からテストを受け実際にカップルになった人もいるそうだ。

ジーンパートナー のテストは99ドル(現在はキャンペーンを終了)で、来月にはデートサイトのSense2love.comで提供される予定だ。

この考えは人間は自分とことなる免疫遺伝子を持った相手に魅力を感じるという考えに着想を得ている。生物学者は、免疫系のHLA遺伝子(ウイルスのような外来細胞を認識して免疫系の他の部分がそれらを攻撃することができるようにする)は、体臭そして "指紋"すらも決定すると説明する。そ、人々は、自分とは異なるHLA遺伝子を持っている人の自然な体臭​​に引き付けられる傾向があるそうだ。

スイスのクラウス=ヴェーデキント博士は彼の研究の中で、避妊ピルを服用していない女性は、多数の男性の中から最も自分の免疫システムと離れた男性の体臭を好むことを発見した。

クリーブランドクリニックの上級遺伝子クリニックのメディカルディレクターのロシオ=モラン博士は遺伝子の一部を少し解析するだけで分かる程単純でなく、魅力に関する科学はとても複雑なのでこの発想は全く馬鹿げている主張する。

無作為に既婚夫婦の遺伝子を調べてみた結果、彼らの免疫システムはそれほど違わなかったと、ヴィラノバ大学心理学部のパトリック=マーキー准教授は説明した。そしてパートナーの選択において人柄と見た目の重要性を示す論文がいくつもあると付け加える。

「一部の人にとっては、タバコをすうかどうか、太ってないか、子供が欲しいかどうか、とかそういった事の方が重要である」と人類学者であり、『なぜ彼?なぜ彼女?』の著者でもあるヘレン=フィッシャー博士は述べる。彼女は遺伝子が一部の役割のになっていることは確信しているがパズルの一部でしかないと主張している。

レイチェルハーツの画像

『欲望の香り』(原題:The Scent of Desire)の著者であり、ブラウン大学で嗅覚と人間行動学について教えるレイチェル=ハーツ教授は科学は正しいと信じるが、今後のマッチングは匂いとTシャツにとって変わられると思うと述べた。

ハーツ博士はこれまでの成功例を一つもあげることは出来きなかった。彼は自身のウェブサイトがプライバシーの心配をしている人達に人気でだが、離れたメンバーの追跡調査はしなかった。また、ジーンパートナー は顧客に話して下さいというリクエストに応じなかった。

しかし、ペンシルバニア週レディング在住のコンピュータープログラマー クリス・メイヤー(57歳)はこれまで出会い系アプリで4〜5年何の成果も得られなかったので、是非ともDNAマッチングを試してみたいと語った。

「私がイーハモニー(eHarmony)を止めた時、何にも意味がなくこれが何の役に立つのか意味が分からなかった」と彼女は振り返る。

サイエンスマッチ( ScientificMatch.com)に登録した独身はまず最初に遺伝子検査ブラシの入ったウェルカムボックスを郵便で受け取る。そして、その検体をラボに送り、およそ2週間で解析が終了するので、その後自己分析テストを受けプロフィール写真とプロフィールをアップロードする。同サイトは”育ち”の価値観マッチングも行なっている。マッチング結果は遺伝子と価値観そして趣味思考によって計算される。

しかし、ホルツルは私たちに共有可能な成功体験を得ることは出来なかった。実際のところ、彼は2007年に開始したサイエンスマッチの婚活部門を段階的に廃止し、直接仲人やカップルにテストを提供しようと考えている。

中には結婚相談所の中には会員の要望に応えようと意欲的な相談所もあります。

アメリカにも会員を有し、スイス在住の英語話者向けにサービスを提供するSense2loveの創業者、アンジュー・ループルはジーンパートナーと提携しています。入会にあたり、遺伝子検査は必須ではないが、同社では無駄なデートやお見合いを避ける為にもDNAマッチングを勧めている。

Copyright © 2010 NewsChief.com — All rights reserved. Restricted use only.

【関連タグ】 #DNA婚活 #遺伝子 #マッチング #匂い #婚活 #スイス #ジーンパートナー #口コミ #評判

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly