Return to site

我々は恋に落ちるよう遺伝子的にプログラムされているのか?

情熱的な愛を見つけることは、一部の人に信じられないような事をさせることができる。が、我々が恋に落ちる原因は遺伝子にあるかもしれない。

 

ベストヘルス

※この記事はBEST HELTHを日本語に翻訳したものです。

翻訳:Yuki

バレンタインデー、ラブソング、恋愛小説に影響されて人々は恋に落ちるだろうか?表面的にはそのように思えるかもしれない。しかし、科学研究的は恋のキューピットが別の所にある事を示している。つまり、本能や愛、特に情熱的で多様な愛というのは我々ではコントロールできない感情であると。人間というのはこれを”恋の落とし穴”と捉えるように設定されているようだ。バラやハート型のチョコレートボックスは忘れてください。私たちが恋に夢中になる原因は私たちの遺伝子にあります。

愛の進化

カリフォルニア州立大学で進化論的人類学の助教授であるエリザベス=ピルスワース氏によれば、情熱的な愛というのは太古の昔からとても身近なものであった。「どんなに確信があっても、愛の感情が発生したであろう時期を特定するのは難しい」とピルズワース教授は言う。しかし、現代や歴史において愛の感情が欠如している人間集団を見い出すことが出来なかった事実も考慮して”、愛”というのは恥じらいや憐れみと同様に”人間特有のものであると考えています。

愛は最も古い感情である。私たちの祖先である狩猟民族は今日の我々と全く同じように愛によって消費されていました。情熱的な愛は生存のため、安全のため、そして種の繁栄の為に人々をひとつにします。今日、私たちは生活を営み、安全に感じたり、赤ちゃんを育てる為でさえパートナーを必要としないかもしれませんが、”愛情”に関しては今も同じです。誰かを愛したり、愛されたいという感情は世代や文化や国境を超えて普遍的です。

なぜ愛は私たちに狂ったことをさせるのか?

では、なぜ情熱的な愛は我々にこのような行動をさせるのでしょうか?

 

古くからの本能によって引き起こされる現代的な愛には「”欲しい物や不意に行きたくなった場所について考え、不意に誰かにぶつかってしまうことに90%以上の活動エネルギーを費やす”という疑問に対し多くの答えがある」とピルズワース教授は言います。

私たちは誰かに愛してると言ってもらえるその瞬間を夢見ています。まるでカミナリに打たれたような衝撃を伴う熱狂的な愛は明白で典型的な状態です。それは一般的にリレーションシップ(交際関係)の初期段階に限定されるものです。プラス面では、それはとてもロマンチックな段階であるものの、同時に信じられないほど時間を消費し、場合によっては一種の強迫観念によってリメロンスと呼ばれる恋の病のような状態に陥ります。社会心理学者のドロシー・テノフ(Dorothy Tennov)は、彼女の1979年の本「Love and Limerence」の中でこの言葉を作り出しました。熱狂的な愛は私たちの一部を狂ったものにするかもしれませんが、感情的なローラーコースター、深い感情的結びつき、そしてストーカー行為によって特徴づけられた愛の側面さえ、大抵の場合はとても素晴らしいツールです。

パートナーを選ぶということ。私たちは、相手の潜在能力に関し、本能的に特定の重要な特徴を探し求めています。熱狂的な恋に落ちるのはその過程において最初の段階にあります。「長期的なパートナーを探す際に、男女共に、親切で相互に惹かれ合い、ユーモアのセンスのある人を見つける事に最も関心があります」とピルスワース教授は言います。「それを超えて、男性は女性より長期的なパートナーの身体的な魅力に重点を置いています。その一方で女性は長期的なパートナーの経済力や稼ぐ能力に重点を置いています。これらの嗜好は古代にまでさかのぼります。男性は長期的なパートナーを探す際に、子供を産むにあたり健康だとシグナルを送るタイプの »女性的 »な身体、曲線美を探し求めてきました。一方でその反対もまた女性にとって真実でした。力強く男性的で、肩幅の広い男性は性的探求に理想的でした。しかし、生涯の関係を探すには必須というわけではありません。女性は主にプロバイダー(経済と生活の安定の提供者)を探し求めました。恋に落ちることは、さらなる関係が確立される前に、その相手が傷ついていないかどうかを確認する良いテストでした。今日の恋愛と大差はありません。

愛は永遠に続くのか?

初期の盛り上がりが少し落ち着きを見せる時、愛は変化し2人の関係性はターニングポイントを打つことが可能です。それはスパークして弾け飛ぶのか、それとも長く続く一つの組合のようになるのか?はたまた、遺伝子的には一夫一婦制ではないのか?この議論に関し、科学者は未だに両方の意見があります。ある研究者の中には、熱狂的な愛の真っ只中にいる人は他の魅力的な相手に気がつかないようだと指摘している科学者人もいます。すぐそばにある他の魅力的な可能性にも関わらず、彼らはその特定のポテンシャルのあるパートナーに集中しています。そのような発見は一元的な視点を悪化させるが、別の研究はすこし異なります。

その反対に、男と女はチャンスがあれば更に性的交際関係を広げようとすると暗示している証拠もあります。このように一夫一妻制は単なる通過点でしかありません。科学はこれまでどちらも完全に証明することはできずにきました。確かなことは、私たちには何か決定を下す過程と同時に直感を使う能力があるということだけです。 「"私たち"にはとてもフレキシブルで感度の良いシステムが備わっています」とピルスワース教授は述べる。「私たちは、年齢だったり、魅力や文化的内容について、そして行動といった最近の状況をについての情報を考慮します。」

初期の盛り上がりが少し落ち着きを見せる時、少し激しく、愛は変化し2人の関係性はターニングポイントを打つことができる。それはスパークして弾け飛ぶのか、それとも長く続く一つの組合のようになるのか?はたまた、遺伝子的には一夫一婦制ではないのか?この議論に関し、科学者は未だに両方の意見があります。ある研究者の中には、熱狂的な愛の真っ只中にいる人は他の魅力的な相手に気がつかないようだと指摘している科学者人もいます。すぐそばにある他の魅力的な可能性にも関わらず、彼らはその特定のポテンシャルのあるパートナーに集中する。そのような発見は一元的な視点を悪化させるが、別の研究はすこし異なる。その反対に、男と女はチャンスがあれば更に性的交際関係を広げようとすると暗示している証拠もある。このように一夫一妻制は単なる通過点でしかありません。科学はこれまでどちらも完全に証明することはできずにきました。確かなことは、私たちには何か決定を下す過程と同時に直感を使う能力があるということだけです。 「»私たち »にとてもフレキシブルで感度の良いシステムが備わっています」とピルスワース教授は述べる。「私たち、年齢だったり、魅力や文化的内容について、そして行動といった最近の状況をについての情報を考慮します。」

いい所も悪い所も含めて、熱狂的な愛というのは頭というより心に支配されているのかもしれません。しかし、その魔力の下で行動する時、少なくとも私たちは一人ではありません。私たち全ては »愛 »という名のイカれた小さいモノの憐れみにあるのです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly